政治の安定は市場に大きな影響を与えます。また高度な政治判断となる首脳会議の声明なども時として相場に大きな変化をもたらすことがあります。

FXファンダメンタルズ入門講座

FXファンダメンタルズ入門講座

相場大きく動かす要因

日本の政局に関するニュースを耳にしない日はないくらいに非常に混迷しています。
世界的な不景気の中、消去法的に「比較的安定」という考え方から円が買われる傾向となっているものの、経済や政権安定度などといった視点から見れば円が大暴落してもおかしくないような状況と言えます。
FX相場は様々な要因によって変動しますが「政治」も大きなファンダメンタルズ要因の一つです。
政権が安定しなかったり、政変が起こったりしそうな国の通貨は弱くなります。
なぜなら、政権が安定していないと着実に政策を決定したり実行したりすることができなくなるからです。
また、政変がおこった場合、政治的な空白が起こってしまうため経済が停滞すると考えられるからです。
また政権が変わる場合などは、経済や金融政策の方針が大きく変わる可能性があり、FXのみならず株式市場を始め世界経済に大きな影響を与えるのです。
例えば最近の話題としてはギリシャ危機が挙げられます。
選挙結果によってはユーロからの支援策を受けられない可能性があったり、ユーロから離脱する可能性があったりしたため非常に注目されました。
仮にユーロから離脱するようなことがあれば、更にユーロ安が進行する結果になったでしょう。
またG7やG8、最近ではG20などといった首脳会議での決定事項も市場に大きな影響を与える要因となっています。
特にギリシャ支援をはじめとするユーロ圏の首脳会議はユーロ相場を大きく動かす要因となっており、会議の様子や声明の予想などによって相場が大きな影響を受けました。
主要国の政治と相場は切っても切れない関係があるのです。

Pick Up